そもそも夢とは?夢についてお答えします

夢占いをする上でとても大事なものは「夢」ですね。

夢を見ないことには、夢占いもできませんから…。

しかし、夢と言われてもどういう意味であるか。何をもって夢というのか。あまり知られていませんよね。

そこで、夢とは何か。夢の存在意義とは何なのか。夢のことについてまとめてみたいと思います。


・夢の意味とは

夢にはふたつの意味があると考えられています。

ひとつは、日常において必要である情報を忘れないために見せている現象。

もうひとつは、逆に日常において不必要・無意味な情報を消す際に見せている現象。


・夢を見る理由

なぜ人は夢を見るのか。実は、現代科学においてもその理由から、夢のメカニズムはわかっておりません。


・過去における夢の意義について

もちろん、過去…昔の人々も夢を見ていました。

しかし、なぜ夢を見るのか解明できず、とても不思議な現象であると頭をひねっていたことでしょう。


今より科学も発達していない時代、昔の人々は、夢には特別な意味があるという答えを導き出していました。

現代でも、自分の先祖が夢に出てきて、何かを話していたら「お告げだー」と感じたりしますよね。

実際に、過去の書物では夢の内容から大災害を予測し対応した記録が残っているそうです。


しかし、夢は毎回見れるものではないですし、すべての夢がお告げのようなものではありません。

意味のないような夢でさえもお告げなのか?と過去の人々も不思議に思ったことでしょう。

いつしか、夢の内容がお告げだなんて迷信だろう、という考えが広まっていきました。


・現在に伝わる夢の意義について

過去の考えが改まったのは、西暦19世紀から20世紀にかける間です。

この時代、心理学者である「フロイト」と「ユング」という二人が、現在の夢占いの基盤となる考えを提唱したと考えられています。


フロイトは、夢というのは満たされなかった欲望、または欲求を満たすために、心理的に「夢」という形で実現したものであると考えました。

ユングは、フロイトの考えを継承しつつ、抱えている問題が別の形となって表れたもの、という考えを出しました。


つまり、普段は表に出さない心…潜在意識と無意識が人には存在していることから、そういう意識が夢となって表れるのである、と考えたのでした。


・夢とは

以上のことから、夢とは心の奥底に眠っている潜在意識や無意識で抱えている問題や気持ちが、眠りの中で別の形…「夢」という形で、あなたに見せているものであると考えられます。

メニュー

[PR]ブログカウンター [PR]夢占い