道の夢占い

まっすぐに伸びる道。ぐねぐねと曲がっている道。あぜ道などなど…。
形状は違えど「道」というのは目的地に向かって伸びているものです。
夢占いにおいて「道」は、人生を象徴するものであり、将来や過去を表すものです。
夢の中でどんな道が出てきたかで、夢からの意味が異なるでしょう。

道を歩く夢

どんな道でも歩こうと思えば歩けます。ただ、歩くには意思が必要ですね。
道を歩く夢は、将来に対してとても前向きな状態であることの表れです。
困難が待ち受けていようとも、すべて受け入れ立ち向かえる気持ちが準備できていることでしょう。
何事にも積極的に挑戦してみてください。

真っ直ぐで広い道が出てくる夢

夢の中の道が一直線であり、広さもまあまあ大きいようであれば、運気はアップしていることを暗示しています。
あなたが思い描いている将来設計は順調に進むでしょう。

くねくね曲がっている道

紆余曲折という言葉があるように、ところどころ曲がっているような道が出てくる夢は、運気が低下していることを暗示しています。
今取り組んでいる物事においては、困難な壁が立ちはだかるでしょう。
また、道が凍っていて歩きにくいなども同様の意味が考えられます。

行き止まりが見える夢

道を進んでいくと行き止まりになってしまうような夢は、運気が低下していることの暗示。
将来設計や取り組んでいる物事が行き詰ることを表しています。
計画を立て直す時期でしょう。

自転車で道を走る夢

自転車を運転するような夢は、自分の能力に直結する夢であると言われます。
つまり、うまく運転できればやる気に満ち溢れ、何事にも積極的に挑戦できる心構えが出来ていることの表れであり、うまく運転できていなければ自信がないことの表れです。
もし、走っている道がぬかるんでいたり、でこぼこ道で運転しづらいような夢は、あなたの能力だけでなく、外部からの邪魔などによって力を出し切れていないことの表れです。

道に迷う夢

夢の中で「迷う」というのは、将来に対する不安な気持ちの表れです。
解決するには難しい問題を抱えている場合などに、道に迷うような夢を見ることが多いとされています。
また、予期しないトラブルの発生などを暗示することも。

道を間違える夢

何かを間違えるような夢は、予知夢である可能性が高い夢です。
道を間違える夢は、実際に道を間違え、大事な機会を逃してしまうことの表れでしょう。
また、間違える夢には新たな発見を暗示することもあります。
道を間違えることで別の発見があるかもしれません。

道が通れない夢

道路が壊れている、道路が崩れている、道に水たまりなどがあってうまく通れないなど、道に何かしら障害物があるような夢は運気低下の暗示です。
この先、取り組んでいる物事などで障害が発生する可能性があるでしょう。

道を引き返す夢

現実では、道に迷った場合などで間違いに気付けば引き返しますよね。
夢の中で道を引き返すような場合は、人生設計や取り組んでいる物事での見落としがあることの予兆です。
夢からの警告として受け止め、誤りがないか今一度チェックしてみると運気も向上するでしょう。

道で誰かとすれ違う夢

道を歩いているとさまざまな人とすれ違いますよね。
夢の中で、道を歩いているときに誰かとすれ違った場合は、その人があなたにとって重要な役割を担う相手の可能性が高いです。
すれ違いざまに挨拶などを交わした場合は、その際の会話の内容があなたを導く重要なメッセージとなるでしょう。

道と同じカテゴリ「場所」の他のキーワード

富士山

ネオン

メニュー

[PR]ブログカウンター [PR]夢占い