歩けないの夢占い

歩けない

夢というのは不思議なもので、なぜか普段通りの行動ができないことがありますよね。
歩きたいのに「歩けない」という夢もそのひとつです。
うまく歩けない夢はかなり多くの方が見ている夢で、なかなか前に進めず夢の中でもどかしい思いをしているようです。
普段は、当たり前のように歩くことができても夢の中ではなぜか前に進まない…なぜなのでしょうか?
ある説では、「寝ているときに足が地面についていないから」「深層心理で何らかのストレスが関係している」等があるとされますが、夢占いではどんな意味が込められているのか気になってしまいますよね。
そんな「歩けない夢」について解説していきます。

歩けない、歩けなくなる夢の意味は苦難の象徴

何らかの理由で歩けない、歩けなくなる夢は、現在の困難な状況を表しているとされます。
恋愛であれば、あなたの願望が叶わないことを暗示します。
金運であれば、金銭の動きが停滞し金欠に陥ってしまう可能性があります。
病気や怪我などで歩けない場合は、突然の失業や倒産を表しているとされます。

これらの夢の意味には、理想と現実のギャップに苦しんでいる気持ちが表れているとも考えられます。
今、あなたが苦しんでいるものをしっかりと受け止めることで、解決策も閃きやすいでしょう。
ひとりで悩まず、周囲に助けを求めることも重要になります。

痛みで歩けない夢

足が痛くて歩けない夢は、気力の低下やあなたが感じているプレッシャーを表しています。
あなたの持つ責任感から、頑張りすぎていたり許容範囲を越えた人助けをしているなど、重い荷物を背負っている事を表します。
この状況を続けることによってあなたがプレッシャーに負け心身ともにダウンしてしまう可能性がある警告夢です。

歩きたいのに歩けない夢(足が動かないなど)

夢の中で歩きたいのに歩けなかったり、なかなか前に進めない場合は、心身共に疲れが溜まっている状態を表します。
八方塞の状況であったりお金の面であれば金欠の状態ではないでしょうか。
また、ご自信が病気である可能性もありますので、今は休養が必要であると夢は教えてくれています。

歩けない人を助ける夢

歩けない人を助ける夢は、問題解決の暗示です。
現在の困難な状況から脱出できるチャンスです。
そのチャンスは、あなたの優しさや思いやりによってもたらされるようです。
また、現在努力している人は、諦めなければあなたの願望が叶えられることを表しています。

詳しくは「助ける行為の夢占い」の意味を参考にしてください。

歩けない人が歩けるようになる夢

あなたが成長し、自立できたり、独立できたりすることを暗示しています。
現在の目標や願望が達成されることを暗示していますので、何事も諦めず最後まで努力を怠らないよう頑張りましょう。
現在の状況が好ましいものでなくてもその状況はあなたにとって必要な経験であるようです。

歩けないと同じカテゴリ「できごと」の他のキーワード

遅刻の夢占い

病気の夢占い

殺されるの夢占い

メニュー

[PR]ブログカウンター [PR]夢占い