遅刻の夢占い

うっかり朝寝坊をして「遅刻」した、という経験をしたことがある人は少なくないでしょう。
また、電車が遅れていたり道路が混んでいるなど、自分ではどうすることもできない理由で遅刻してしまうこともあります。
現実ではとても嫌な出来事だと思いますが、夢の中でまで何かに「遅刻」するというのも…目覚めが悪くなりそうな夢だと思います。

遅刻に関する夢を見るのは、どういう心理状態なのでしょうか。
ここでは、さまざまな遅刻に関する夢をご紹介します。
遅刻の夢占いの意味、あなたの状況に合わせて診断してくださいね。

遅刻の夢はチャンスを逃す暗示?遅刻の夢占いの意味

遅刻に関する夢は、夢占いでは準備が間に合っていない状態や、チャンスを逃す可能性があることを表しています。

遅刻とは、決まった時刻に間に合わないことを言います。
夢に出てくる遅刻も、何かに間に合わない、タイミングがずれてしまうことを暗示しているのです。

また、時間を気にせず何かに没頭している時にも、遅刻に関する夢を見ることがあります。
時間を意識する必要がありますよ、という夢からのメッセージなのです。

また、大事な試験(テスト)に遅刻する夢というのは、夢の中で予行練習をしている、という解釈もできます。
それだけ、張り詰めた緊張感を抱いていることを表しているとされるでしょう。
遅刻しても動じないことが必要ですし、何よりもリラックスするのが1番です。
まずは落ち着いて行動するように心がけてくださいね。

遅刻する夢、遅刻しそうになる夢(バイト、会社など)

バイトや仕事などに遅刻する夢や、遅刻しそうになる夢は、あまり気が進まないことを嫌々ながらやっていたり、今やっていることは無駄かもしれないと思っている時に見ることがある夢です。
自分で選んだバイトや仕事でも、実際に始めてみたら想像と違っていた、ということがよくあります。
お金や生活など、嫌でも続けなければいけない理由があって身動きが取れない時、そのやるせない気持ちが遅刻という形で夢に表れているのです。

テストや試験に遅刻してしまう夢

テストや試験に遅刻する夢は、実際にテストや試験を控えている時に見ることが多く、本番で失敗する暗示なのでは、と不安に思う方も多いようです。
実際は、緊張しすぎていることへの警告や、肩の力を抜くようにというアドバイスを含んでいる夢です。
あまりにも緊張しすぎると、実力を発揮できなくなってしまうことがあります。
夢の中では、テストや試験など失敗できない場面に遅れてしまうという形で、緊張が高まっている状態が表れてきているのです。

デートや約束事で遅刻する夢

デートや約束事に遅刻してしまう夢は、自分で立てた目標が高すぎて達成できないという思いを抱いていることを暗示しています。
特に理由もなく遅刻してしまう夢の場合、目標が本当に自分の現状に見合ったものであるか、よく見直してみる必要があります。
また、自分ではどうにもできない理由で遅刻してしまう夢は、周囲の状況や自分の置かれた立場などが原因で、目標達成が難しいことを表しています。
逆に、明らかに自分に非があってデートや約束に遅れる夢は、目標を達成するために自分で解決しなければならない課題があることを暗示しています。

詳しくは「デートの夢占い」の意味も参考にしてください。

遅刻しそうになるが間に合う夢

遅刻しそうになりながらも間に合う夢は、自分の進むべき道から外れそうになっていることを暗示しています。
完全に道が逸れてしまっているわけではありませんが、軌道修正が必要であることを夢は教えてくれているのです。
また、自分で決めたルールを自分で破りそうになっている時、目標を諦めそうになっている時にも、遅刻しそうになる夢を見ることがあります。
自分の進むべき道をしっかりと見定めて、迷わず突き進んでいく勇気が必要な時だと言えるでしょう。

遅刻の言い訳をしている夢、謝る夢

遅刻の言い訳をしていたり、遅刻したことを謝っている夢は、自分がやらなければいけないことから逃げる言い訳を探している状態や、自分がやらなくてもいい理由を探していることを表しています。
現実の世界では、遅刻する理由はいろいろあり、自分ではどうにもできない原因で遅刻してしまうこともあります。
夢の中では、遅刻の言い訳は自分自身に対する言い訳です。
何かをすること、あるいはしないことに対して罪悪感を覚えながら、それを正当化している心の状態を表しているのです。

謝る、謝られるの夢占い」の意味も参考になるでしょう。

遅刻しそうになったときの状況が印象に残る夢(走る、歩くなど)

遅刻に関する夢の中でも、遅刻しそうになった状況が印象に残っている場合、その状況を細かく思い出してみるとよいでしょう。
遅刻しないように必死に走っている夢は、少し時間を気にする必要がある、という暗示で、決断を先延ばししている時に見ることが多い夢です。
また、遅刻しそうなのにゆっくり歩いている夢は、急ぐ必要はなく、時間をかけて慎重に検討する必要があることを表しています。

走るの夢占い」、「歩くの夢占い」の意味も参考になるかもしれません。

遅刻の電話をかける夢

遅刻の電話をかけている夢は、自分の中である程度は準備ができていて、まだ完璧ではないと考えていることを表します。
実際には完璧に仕上がっていることもありますが、自分の中では足りない部分があると感じているような時に、遅刻の電話をかける夢を見ることが多いようです。
また、結果を焦らずに一旦立ち止まるように、という夢からのメッセージである場合もあります。
遅刻の電話をかけている夢を見た時は、もう一度全体を確認する気持ちで物事を見直してみるとよいでしょう。

電話の夢占い」の意味もぜひ参考にしてください。

誰かとの待ち合わせで遅刻される夢

誰かと待ち合わせをしていて相手に遅刻される夢は、物事が思い通りに進まないことに対して憤りを感じている状態を表します。
遅刻してくる相手は、その原因になっていると自分が感じる相手を暗示しています。
ただし、自分が早く着いていて更に相手が遅刻したという夢の場合、周りを無視して自分のペースで物事を進めようとしていないか、一度確認してみる必要があります。
誰かの手を借りて物事を進めている場合は特に、全体を客観的に見るように意識するとよいでしょう。

待ち合わせの夢占い」の意味も参考になるでしょう。

遅刻と同じカテゴリ「できごと」の他のキーワード

避けられるの夢占い

脅されるの夢占い

落ちるの夢占い

メニュー

[PR]ブログカウンター [PR]夢占い