何かをされて恨む夢(喧嘩、怪我、嫌がらせなど)

何かをされて恨む夢を見た時は、何をされたかによって、自分の中にどういう感情があるのかを探ることができます。
喧嘩をした相手を恨む夢を見た時は、自分の中で気持ちの変化が起こりつつあり、その変化に戸惑っているような状態を表しています。
怪我をさせられて恨む夢は、自分のミスで思いがけないアクシデントを引き起こしてしまい、反省していることを表します。
また、嫌がらせしてくる相手を恨む夢は、自分を理解してくれる人がいないことに不満を持っている状態です。

怪我の夢占い」、「喧嘩の夢占い」の意味も参考になるでしょう。

何かをされて恨む夢(喧嘩、怪我、嫌がらせなど)と同じカテゴリ「行動」の他のキーワード

投げるの夢占い

握るの夢占い

くすぐる・くすぐられるの夢占い

憎む・恨むの夢の意味を別のパターンから占う

憎む・恨む」の夢のパターン一覧です。あなたが見た夢の中で、近いものがあれば下記のものを参考にしてください。

憎む夢、恨む夢は心の迷いの暗示?憎む夢の意味とは

身近な人を憎む夢(友達、家族など)

誰かに憎まれる夢(同僚、知らない人など)

羨ましくて憎む夢

メニュー