合唱の夢占い

歌うことは好きでも「合唱」は苦手、という人は多いのではないでしょうか。
大勢で一斉に歌うことは、楽しいことであると同時に、周りに合わせなくてはならないというプレッシャーを感じるものです。

そんな合唱が夢に出てくるのは、どういう心理状態にある時なのでしょうか。
小学校などではよくクラスで合唱をすることが多かったと思いますが、あなたの夢の中ではどのような場面で合唱をしていましたか。

ここでは、さまざまな合唱の夢をご紹介します。
合唱の夢占いの意味を診断してみましょう。

合唱の夢は精神的ストレスの表れ?合唱の夢占いとは

合唱の夢は、夢占いでは自分の周りに障害がある時、誰かの言いなりになっていると感じている時によく見る夢です。
自由に行動しているはずなのに他人から指示されていると感じる場合、合唱が夢に出てくることが多いようです。
人は人、自分は自分、と考えることができていれば、周りの言葉を必要以上に気にすることがなくなります。
合唱の夢は、自分のことは自分で決める、という意志があるかどうか、あるとしたらどれくらい強い意志なのかを表していると言えるでしょう。

合唱する夢、合唱の練習をする夢

夢の中で合唱していたり、合唱の練習をしている夢は、周りの言いなりになっていて、自分の意志で行動していない状態を暗示しています。
夢の中で合唱を楽しんでいるのであれば、自分で納得して周りに合わせた行動をしている状態だと言えます。
逆に、合唱が楽しくない、合唱の練習が面白くないと感じている夢の場合、無理に周りに合わせるのをやめて、自分の意志で行動するように意識を変える必要があるかもしれません。

合唱を聞く夢

合唱を聞く夢は、上手に自己表現できている人を羨ましく思う気持ちを表しています。
合唱を聞いて感動したり、合唱を聞いて楽しんでいる夢は、集団の中で個性を発揮している人を素直に羨ましいと思っている状態だと言えるでしょう。
逆に、合唱を聞いていてつまらないと感じる夢を見た時は、どうして自分は上手く個性を発揮できないんだろう、と自分と他人を比べて気落ちしている状態を表しています。
自分を周りに合わせることができるのは、立派な個性です。
合唱を聞く夢は、自分と他人を比べる必要はないということを教えてくれているのです。

合唱コンクールに出場する夢

合唱コンクールに出場する夢は、個性を発揮したい気持ちが強まっていることを表しています。
合唱コンクールでは、全体がバランスよくまとまっているかどうかが評価されるので、誰かひとりが飛び抜けているような場合、評価が下がってしまいます。
個性が発揮できずにフラストレーションを感じているような状態が、夢の中では合唱コンクールとして表れてくるのです。
周りの目を気にしないでやりたいことをやりなさい、という夢からのメッセージだと言えるでしょう。

合唱の伴奏をする夢

合唱の伴奏をする夢は、集団の中でも上手に個性を発揮して活躍することができる暗示です。
合唱において伴奏者は、縁の下の力持ちのような役割を担っています。
全体として調和を保つ必要はありますが、歌っている人に比べると、個性を発揮しやすい立ち位置にあると言えるでしょう。
つまり、夢の中で合唱の伴奏をしているのは、上手に自分の個性を活かした立ち回りができることを表していると言えるのです。

合唱の指揮者をする夢

合唱の指揮者をする夢は、リーダーシップを発揮して周りの意見を取りまとめる役割を期待されていることを暗示しています。
合唱には、全員が声を揃えて歌うため、また伴奏と歌唱を綺麗に揃えるために、指揮者が必要です。
夢の中で指揮者をしているのは、周りから頼りにされている状態、リーダーシップを求められていることを表していると言えます。
ただし、上手に指揮ができなくて苦労している夢の場合、現実でも全体をまとめるのに苦労する可能性がありますので、注意が必要です。

合唱と同じカテゴリ「できごと」の他のキーワード

責める・責められるの夢占い

避けられるの夢占い

むくむの夢占い

メニュー