鏡の夢占い

「鏡」で自分の顔を見慣れていると、写真を見た時に違和感を覚えることがあります。
鏡に映る自分の顔は、左右が反転してしまっているからです。

夢の中に鏡が出てきた場合、どんな心理状態が表れているのでしょうか。
夢の中で、鏡に映っているあなたの表情はどうでしたか。または、あなたではなく別人が映っていませんでしたか。
ここでは、さまざまな鏡の夢をご紹介します。
鏡の夢占いの意味を診断してみましょう。

鏡の夢はあなたの心を表す?鏡の夢の意味とは

鏡の夢は、夢占いでは自分自身の心の状態や、自分が持っているさまざまな側面を象徴しています。
友達といる時、家族といる時、恋人といる時など、常に態度が変わらないという人は少数派です。
学校や会社などでは自分を演じていると感じている人も多いのではないでしょうか。
このように、時と場合に合わせて変わっている自分自身の姿が、夢の中では鏡として表れてくるのです。

もし、鏡にあなたが映らない場合は、自分自分を見失っている可能性があります。
自分のやりたいことがわからない。本音を隠し過ぎて、本当の自分が一体なんなのか…、など。
精神的にも追い詰められている可能性がありますので、注意が必要であると考えられます。

また、夢に出てくる鏡は、自分が無意識に考えていること、本性などを表している場合もあります。
夢の中で鏡を通して映し出されるものが、自分自身の本当の姿であることも多いようです。

鏡をもらう夢

鏡をもらう夢は、将来の可能性が与えられることを暗示しています。
自分が努力をした結果というよりは、偶然手にしたチャンス、あるいは降って湧いたような幸運であることが多いようです。

鏡をもらって嬉しいと感じている夢の場合、与えられた可能性を活かそうという気持ちが強いことを表しています。
逆に鏡をもらって困惑しているような夢は、不意に訪れたチャンスに尻込みしているような状態だと言えるでしょう。

夢の中でもらった鏡は、自分に与えられた未来です。
そして、手にしたチャンスを最大限に活かすようにという夢からのメッセージでもあるのです。

貰うの夢占い」の意味も参考にしてくださいね。

鏡を買う夢

鏡を買う夢は、自分で将来を切り開こうという意思が強くなっていることを表します。
夢の中で買った鏡に満足している場合、自分が進んでいく道に自信を持っている状態だと言えます。

一方で、夢の中で買った鏡に不満を持っている場合は、自分の思い通りにならないことがあると感じている状態を暗示しています。

また、自分の選択に自信を持てない時にも、鏡を買って満足していない夢を見ることがあります。
鏡を買う夢を見た時は、買った後の自分の気持ちをよく思い出してみるとよいでしょう。

鏡を拾う夢

鏡を拾う夢は、自分でも気付いていなかった本音に気付く暗示です。
拾った鏡が綺麗な鏡の場合は、秘められた才能を発揮できるチャンスが訪れていることを表しています。

一方、夢の中で拾った鏡が汚れていたり割れている場合、自分の本音に気付くのが遅すぎたと感じていることを表します。
拾った鏡は、自分が忘れていた自分自身の姿を暗示するものです。
拾った鏡を見て何を感じたのか、よく思い出してみましょう。

自分が本当にやりたかったこと、叶えたかった夢などを思い出すことができるかもしれません。

鏡に映った自分を見ている夢

鏡に映った自分を見ている夢は、ストレスが溜まっていることを暗示しています。
また、将来に対して漠然とした不安を抱いている時にも、夢の中で鏡に映った自分の姿を見ることがあります。

鏡に映る自分の姿は、自分自身の心の状態をそのまま表したものです。
疲れている、悲しそうなど、鏡に映った自分を見て感じたことが、今の自分の状態だと言えるのです。

注意しなければいけないのは、嬉しそう、楽しそうなどのポジティブな印象を抱いた場合でも、それがストレスの原因になっている可能性があるということです。
無理に嬉しい振り、楽しい振りをしていないか、日頃の自分の言動を振り返ってみる必要があるでしょう。

鏡に自分が映らない夢

鏡に自分が映らない夢は、自分自身を見失っている状態を表しています。
周りの意見に合わせて自分の意見をねじ曲げてしまったり、相手の顔色を見て行動するようなことを繰り返していると、自分の本心がどこにあるのか分からなくなってしまうことがあります。
夢の中で鏡に映らない自分自身の姿は、自分の本心や本音を見失った状態を暗示しています。
鏡に自分が映らない夢を見た時は、自分の行動が本当に自分の気持ちに沿ったものなのか、よく見直してみるとよいでしょう。

鏡に別人が映る夢

鏡に別人が映る夢は、まるで別人のように変われるチャンスが訪れたことを表しています。
自分を変えたいと考えて努力をしていた人、結果を出すために頑張っていた人にとっては、予想していた以上の成果を手にすることができる時が来たと言えるでしょう。

ただし、鏡に映っている人に対して良い印象が持てない夢の場合は、今の自分を変える必要があるという暗示です。
鏡に映っている人物が、周りから見た自分自身の姿を表しているのです。
自分を客観的に見ることの重要性を、夢が教えてくれていると言えるのです。

鏡の状態が印象に残る夢(ひび、綺麗、汚れているなど)

鏡が出てくる夢の中でも、特に鏡の状態が印象に残っている場合があります。

ひびが入っている鏡は、トラブルが起こる可能性があること、また未然に食い止めることができるという暗示です。
綺麗な鏡が出てくる夢は、今の選択が間違っていないこと、嬉しい出来事がある可能性を示しています。
汚れた鏡が夢に出てきた場合は、心配なことや悩んでいることが長引く可能性があることを表しています。
また、割れた状態が印象に残っている鏡は、体調に不安があることを暗示している場合がありますので、十分に注意しましょう。

鏡が割れる夢、鏡を落とす夢

鏡が割れる夢や鏡を落としてしまう夢は、身近な人からの裏切りやトラブルに巻き込まれる暗示です。
何もしていないのに割れる鏡は、自分では対処のしようがない突然のトラブルを表します。

また自分の不注意で鏡を落としてしまう夢の場合、トラブルの原因は自分にあることが多いようです。
ただし、鏡が割れてすっきりしている夢や、わざと鏡を落としてせいせいしているような夢は、トラブルによって事態が好転する可能性を示しています。
トラブルに正面から向き合うことが解決への近道であることを、夢が教えてくれているのです。

たくさんの鏡が出てくる夢(合わせ鏡など)

たくさんの鏡が出てくる夢は、自分自身にさまざまな側面があることを自覚している状態や、自分が知識や才能に満ちあふれた存在であると認識している状態を表します。
また、周りの人たちが自分に注目していると感じている時にも、たくさんの鏡が出てくる夢を見ることがあります。

たくさんの鏡を怖いと感じている夢の場合、周囲の目を気にして萎縮したり緊張してしまっている可能性があります。
自分に自信を持って堂々と振る舞うようにと、夢はメッセージを送ってくれているのです。

鏡と同じカテゴリ「日用品・物」の他のキーワード

ストーブの夢占い

パスポートの夢占い

ランドセルの夢占い

メニュー