鏡に映った自分を見ている夢

鏡に映った自分を見ている夢は、ストレスが溜まっていることを暗示しています。
また、将来に対して漠然とした不安を抱いている時にも、夢の中で鏡に映った自分の姿を見ることがあります。

鏡に映る自分の姿は、自分自身の心の状態をそのまま表したものです。
疲れている、悲しそうなど、鏡に映った自分を見て感じたことが、今の自分の状態だと言えるのです。

注意しなければいけないのは、嬉しそう、楽しそうなどのポジティブな印象を抱いた場合でも、それがストレスの原因になっている可能性があるということです。
無理に嬉しい振り、楽しい振りをしていないか、日頃の自分の言動を振り返ってみる必要があるでしょう。

鏡に映った自分を見ている夢と同じカテゴリ「日用品・物」の他のキーワード

携帯電話の夢占い

財布の夢占い

鎌の夢占い

メニュー