化粧・化粧品の夢占い

「化粧」が好きな人は「化粧品」を見ているだけでもわくわくするのではないでしょうか。
常に化粧をしている人の場合、化粧をしていないと不安を感じることがあるかもしれません。

化粧・化粧品が夢に出てくるのは、どういう心理状態を表しているのでしょうか。
化粧をしている夢なのか。化粧を落としている夢なのか。
また、化粧品を買っている夢なのか…あなたはどのような夢を見ましたか?

ここでは、さまざまな化粧・化粧品の夢をご紹介します。
化粧の夢、化粧品の夢占いの意味をぜひ診断してみてください。

化粧化粧品の夢は偽りの姿の表れ?化粧の夢占いとは

化粧・化粧品の夢は、夢占いでは自分の本心や本音を隠していること、周りに本当の姿を見せていない自分自身を象徴するものです。
友達の前で何かに興味がない振りをしたり、先生や親の前では優等生を演じているような時に、化粧・化粧品の夢を見るのです。

また、周りが自分に対して持っているイメージと実際の自分がかけ離れている時にも、化粧・化粧品の夢を見ることがあります。
ありのままの自分では受け入れられないと思う気持ちや、自分をよく見せたいという思いが、化粧・化粧品となって夢に現れるのです。

化粧をする夢

化粧をする夢は、本音を隠している自分自身や、自分がこうありたいと思う自分を演じている状態を表します。
夢の中で化粧をするのは、自分をよく見せたいという気持ちの表れです。
素のままの自分が好きではなかったり、違う自分になりたいという思いが強い時にも、化粧をする夢を見ることがあります。
夢の中で化粧をしたパーツや化粧の仕上がり、化粧の状態などをよく思い出してみましょう。
自分が人との関係でコンプレックスに感じていることや、どういう自分でありたいのかを読み解くことができます。

化粧を直す夢

化粧を直す夢は、目標を見直す時期に来ていることを暗示しています。
努力して手に入れたものが、実は自分が本当に欲しいものではなかった、という経験をすることがあります。
化粧を直す夢を見るのは、このように何か一定の結果を出したことで、本当の目的や目標が見えてくることを暗示しているのです。
また、自分の掲げていた理想が変化してきている時にも、化粧を直す夢を見ることがあります。
化粧を直す夢は、恋愛よりも仕事、収入よりも時間など、自分の価値観や大切にしたいものが大きく変わることを表している夢なのです。

化粧をした箇所が印象に残る夢(顔、眉など)

化粧をした箇所が印象に残る夢は、人間関係で自分が気にしていることを暗示しています。

顔に化粧をしたことが印象に残る夢は、自分が他人からどう見られているのか、自分に対してどういうイメージを持たれているのかを気にしていることを表します。
詳しくは「顔の夢占い」の意味を参考にしてください。

また、眉に化粧をしたことが印象に残る夢は、新しい自分になりたいという気持ちが強まっていることを表します。
目に化粧をしたことが印象に残る夢は、これまで隠してきた才能を発揮したい気持ちの高まりを表す夢です。

化粧の出来が印象に残る夢(上手、下手など)

化粧の出来が印象に残る夢は、他人から注目されたいという気持ちが満たされているかどうかを表す夢です。

上手な化粧の夢は、周りからの注目を集めて嬉しいと思っていることを表します。
逆に化粧が下手な夢は、注目されていないことへの不満や、もっと注目されたいという思いが募っていることを表します。
いつも通りに仕上がる化粧の夢は、現状に大きな不満はないことを表します。

良くも悪くも変化がない時に、普段通りの化粧ができる夢を見ると言えるでしょう。

化粧の状態が印象に残る夢(厚化粧など)

化粧の状態が印象に残る夢は、自分がストレスに感じていることや、不満に思っていることを暗示している夢です。

厚化粧が印象に残る夢は、隠している秘密がばれてしまうのではないかと恐れる気持ちがあることを表します。
派手な化粧が印象に残る夢は、不規則な生活習慣や不摂生に対して自分で危機感を持っていることを表す夢です。

また化粧の乗りが悪いと感じる夢は、現実と理想の間に大きな隔たりがあり、日常生活にストレスを感じていることを表します。

化粧を落とす夢

化粧を落とす夢は、他人が望む自分を演じることに疲れている状態や、本音を言いたい気持ちが募っていることを表します。
夢に出てくる化粧は、他人から見た自分の姿を象徴するものです。

夢の中で化粧を落とすのは、他人の目を気にしている自分との決別を意味しています。
また、自分で自分の気持ちを見失っている時にも、化粧を落とす夢を見ることがあります。
自分の本心が分からなくなってしまった結果、夢の中では化粧を落とすという形で、自分の本心と向き合おうとする心の状態が表れてくるのです。

化粧品を買う夢、もらう夢

化粧品を買ったりもらったりする夢は、自分には魅力がないと感じていたり、もっと魅力的な人になりたいという気持ちがあることを表します。
自分で化粧品を買う夢は、自分から積極的に魅力を表に出していきたい、魅力的な人になりたいと思っていることを表しています。
誰かから化粧品をもらう夢は、その人にとって魅力的な人になりたいという気持ちや、その人のようになりたいと憧れる気持ちがあることを暗示する夢だと言えます。

貰うの夢占い」の意味も参考にしてください。

化粧品をプレゼントする夢

化粧品をプレゼントする夢は、相手に自分の気持ちを知ってほしいと思っている状態を暗示しています。
自分のことをもっと理解してほしいと感じている時に、化粧品をプレゼントする夢を見るのです。
また、自分の本音を打ち明けたいと思っている相手に対して、夢の中で化粧品をプレゼントすることがあります。
化粧品をプレゼントする夢は、プレゼントした相手との間にコミュニケーションを持ちたい思いが表れている夢だと言えるでしょう。

プレゼントの夢占い」の意味も参考になるでしょう。

化粧をしてもらう夢

化粧をしてもらう夢は、ストレスから解放される暗示です。
夢に出てくる化粧は、他人から見た自分自身の印象やイメージを象徴するものです。
化粧を人からしてもらう夢は、相手が望んでいる通りの自分であること、受け入れられたいという気持ちが満たされた状態を表していると言えるのです。
また、人間関係で抱えていたトラブルが解消して気持ちが落ち着いた時にも、化粧をしてもらう夢を見ることがあります。
化粧をしてもらう夢を見た時は、気持ちが安定している時期に入ったと考えることができるのです。

化粧をしてあげる夢(友達など)

化粧をしてあげる夢は、その相手に対して隠していることがあって、後ろめたく思う気持ちがあることを表します。

友達に化粧をする夢は、友達に言えない秘密や隠していることがあり、申し訳ないと思っていることを表しています。
家族に化粧をする夢は、家族の誰かに隠し事をしていたり、家族に関する秘密を抱えていることを表します。

化粧をした相手が誰だったかによって、自分が隠していることがどんな内容なのかを探ることができると言えるでしょう。

家族の夢占い」、「友達の夢占い」の意味なども参考にしてください。

男性が化粧をする夢を見る意味

一般的に化粧は女性がすることが多いものですが、男性でも自分が化粧をする夢を見ることがあります。
普段は化粧をしない人が化粧をする夢を見るのは、何か隠しておきたいことがあったり、秘密を抱えていることを表しています。
また、人には言えないような秘密めいた趣味や嗜好などがあり、それに対して罪悪感を覚えているような場合にも、化粧をする夢を見る男性がいます。
このように、性別には関係なく他人に対して秘密にしたいことがある時、秘密にしていることに対して罪悪感がある場合に、化粧をする夢を見ると言えるのです。

化粧・化粧品と同じカテゴリ「その他」の他のキーワード

アドバイスの夢占い

死体(死骸)の夢占い

UFOの夢占い

メニュー