ビーバーの夢占い

「ビーバー」は和名で「海狸」と呼ばれ、川で「ダム」を作る動物として有名です。
英語には「work like a beaver」(ビーバーのように働く)という表現もあり、勤勉さを象徴する動物としても知られています。

とても賢い生き物ですが、ビーバーが夢に出てくるのは、どんな心理状態を表すのでしょうか。
ここでは、さまざまなビーバーの夢をご紹介します。
ビーバーの夢を見た場合は、この夢占いの意味を参考にしてくださいね。

ビーバーの夢の意味

ビーバーの夢は、夢占いでは綿密な計画を立てたり、地道な努力を積み重ねる必要があることを表す夢です。
現実の世界でのビーバーに対する一般的なイメージ、勤勉さがそのまま夢に表れていると考えられます。
つまりビーバーが夢に出てくるのは、勤勉さを求められる状況にある時が多いと言えるのです。

夢の中に出てきたビーバーとどのように接していたかによって、自分がどのような行動を取るべきか、目標を達成するためには何が必要なのかを読み解くことができます。

ビーバーを見る夢、観察する夢

ビーバーを見たり観察したりする夢は、計画を立てるための準備としてまずは状況をよく見きわめる必要があることを表します。
例えば自分に足りないものは何かが分からないと、それを手に入れるための計画を立てることができません。
また、他人のやり方を真似たり参考にしたりする必要がある時にも、ビーバーを見たり観察したりする夢を見ることがあります。
他人のやり方を参考にすることで、さらに効率良く物事を進めることができる可能性が高いからです。

ビーバーを飼う(捕まえる)夢

ビーバーを飼ったり捕まえたりする夢は、自分が立てた計画に従って地道な努力を積み重ねる必要があることを表します。
完璧な計画を立てても、実行しなければ意味はありません。
ビーバーを飼ったり捕まえたりする夢は、計画倒れに終わらないよう注意を促してくれている夢だと考えることができます。
また、計画を立てるだけで満足している時にも、ビーバーを飼ったり捕まえたりする夢を見ることがあります。
ビーバーを飼ったり捕まえたりする夢を見た時は、自分が立てた計画がちゃんと実行できているか、見直してみる必要があるでしょう。

飼う・飼育の夢占い」や「捕まえるの夢占い」の意味なども参考になるでしょう。

ビーバーがなつく夢

ビーバーがなつく夢は、自分の立てた計画が順調に進むこと、地道な努力が実を結んで結果に繋がることを表しています。
夢に出てくるビーバーは、勤勉さを象徴する存在です。
真面目に努力を積み重ねることによって、求めていた以上の結果を手にすることができる暗示だと言えます。
ビーバーがなつく夢を見た時は、今の状態に満足することなく、コツコツと努力を続けることを心掛けるとよいでしょう。
努力が大きな結果に結び付くことを、ビーバーがなつく夢は教えてくれているのです。

ビーバーに噛まれる夢

ビーバーに噛まれる夢は、自分の努力が結果に繋がらない可能性があることを教えてくれる夢です。
努力をする方向性が間違っていたり、見当違いな努力をしていると、せっかくの努力も無駄になってしまいます。
努力が形となって見えてくるまでは時間がかかるものですが、こまめに軌道修正をすることで、目標が近付きます。
ビーバーに噛まれる夢は、自分の立てた計画を見直し、目標に近付けるような努力をしているかを確認する必要があると教えてくれているのです。

噛まれるの夢占い」の意味も参考にしてくださいね。

ビーバーを逃がす夢

ビーバーを逃がす夢は、自分の立てた目標が達成できなかったり、計画倒れに終わる可能性があることを表しています。
自分からビーバーを逃したのか、逃げられてしまったのかによって、計画倒れに終わる理由を探ることができます。
自分からビーバーを逃がす夢は、自分で立てた計画を投げ出してしまったり、目標を自分から諦めてしまう行為を暗示します。
ビーバーに逃げられてしまう夢の場合、自分が立てた計画に洩れや抜けがあり、思ったような結果を得られない可能性を暗示しています。

ビーバーと同じカテゴリ「動物・生き物」の他のキーワード

クラゲの夢占い

幽霊の夢占い

うさぎの夢占い

メニュー